• Light up your Dreams ( ヒンドスタン タイムズ:2011年8月17日) 日本がインドの太陽光発電技術発展に大きく貢献できる。 詳細はこちらへ。

  • Industrial Park Experiments with Alternative Energy (日経ウィークリー:2009年11月16日) -インドの工業団地におけるクリーンエネルギーの実施について。 詳細はこちらへ。

  • The Green Alliance (ヒンドスタン タイムズ:2009年6月12日) - ニムラナにおける共同エネルギーセンターは官民協力の見本にもなれる。詳細はこちらへ。

  • Toy with the idea (ヒンドスタン タイムズ:2009年4月10日) -インドと中国は安価生産拠点になりつつあるが、品質について、まだ課題が残る。詳細はこちらへ。

  • Lessons from Satyam (ミント:2009年4月8日) - Satyam社の話題になっているスキャンダルから学べることもあります。詳細はこちらへ。

  • India's African opportunity (ヒンドスタン タイムズ:2007年8月3日) - 識字率75%のガーナはもしかするとインドビジネス成長に一躍買えるかもしれない。詳細はこちらへ。

  • How many sacks of rice (ミント:2007年7月5日) - インドは教育における優先権をもう一度見直し、基礎知識について日本の範例から学ぶべきである。詳細はこちらへ。

  • As Japan fans out (ヒンドスタン タイムズ:2007年6月14日) - 日本はグローバルな経済大国でありながら、今度は文化超大国へとなりつつあります。詳細はこちらへ。

  • Back to the basics (2006年3月14日) - 小泉首相の『米百俵』の話等、基礎に集中する政策が成功している。詳細はこちらへ。

  • 日印ワークカルチャー比較 (2005年2月17日:在デリー日本商工会の三木会におけるスピーチ内容) 詳細はこちらへ。

  • Vroom, vroom! (ヒンドスタン タイムズ:2004年1月6日) - 来たる第7回デリーモーターショーが注目を浴びているが、昨年の東京モーターショーから学べる点とは? 詳細はこちらへ。

  • Get Noticed by Tokyo (ヒンドスタン タイムズ:2003年1月9日) - 日本人が考えるアジアにはインドは存在しないと言っても過言ではない。 日本に認知されるにはそのアジアの地図に「インドの存在」をアピールすべき。 詳細はこちらへ。

  • Three Golden Rules (ビジネス トゥデイ:2002年2月19日)- インドの中小企業の経営者に対して、日本との取引の際の「3大基本ルール」。 詳細はこちらへ。

  • Hiroshima haunts (ヒンドスタン タイムズ:2001年8月7日) - この月曜日(8月6日)に第56回目の原爆記念日を迎えた日本。 ジョージ・ブッシュのNMD政策が大きな影を残しているまま。インドと日本が互いに手を取り合うことができるのでしょうか? 詳細はこちらへ。

  • Enter the rising sun (ヒンドスタン タイムズ:2001年5月15日)- インドと日本の関係をよくするには、先ず最初に日本人のインドに対するイメージを改善すること。そして、インドに日本をもっと紹介すること。 そして・・・  詳細はこちらへ。

  • Fear of Trembling (ヒンドスタン タイムズ:2001年2月2日)- 今年(2001年1月26日)インド、グジャラートで大地震が起こりました。地震大国・日本では、1995年に阪神大震災が起こっています。このとき日本はどのように対応したでしょうか。 詳細はこちらへ。

  • Look Delhi, Talk Tokyo (ヒンドスタン タイムズ:2001年1月9日)- 日本人のインドに対するイメージはビーフカレーが辛くておいしいということ。インドにとって日本という国はアメリカよりも敬意を払われているにもかかわらず、両国が歩み寄りを見せていないのはなぜでしょう? 詳細はこちらへ。


ビジネスサポート  |  コミュニケーションサポート  |  文化交流  |  新聞掲載の記事  |  サービス提供者  |  ご連絡はこちらへ  |  ホーム